AGA治療薬の種類や効果の違い!自分に合う薬はどれ!?

ブログ

AGAを本気で治そうと思ったらやはりAGA治療薬を使うべきでしょう。

僕もAGA治療薬を使い始めて、少しずつではありますが改善しつつあります。

現在日本でAGA治療薬と呼ばれるお薬は大きく分けて2種類ありますが、それぞれどんな特徴や効果を持っているのかを簡単にまとめました。

リアップ

まず誰でも思い浮かぶのがリアップだと思います。

リアップは発売当時日本で唯一発毛効果が認められた育毛剤と言われてましたね。

ドラッグストアで手軽に購入することができるのも嬉しいです。

このリアップは、世界的にも有名な発毛成分であるミノキシジルが有効成分です。

ミノキシジルの効果

リアップの有効成分、ミノキシジルは元々高血圧の薬でしたが、副作用として発毛効果が多く確認されたことから育毛剤としても利用されるようになったようです。

その仕組みは毛細血管が拡張されることで毛母細胞が活性化し、発毛を促すと言われていますがまだはっきりとした事は判明していません。

そして、前頭部(M字ハゲ)の発毛にはあまり効果が見込めないとされています。

リアップの副作用

リアップはそこまで副作用の強い薬ではないです。

ただ、人によっては痒みやかぶれ、発疹、頭痛やめまいなどが起こることもあるようです。

プロペシア

プロペシアも有名なAGA治療薬です。

しかし、知名度はリアップほどではありません。

プロペシアは処方箋医薬品といって、病院で処方箋をもらわないと購入できないからでしょう。

リアップのように、気軽に薬局やドラッグストアで購入することはできないんです。

プロペシアにはフィナステリドという有効成分が含まれています。

フィナステリドの効果

AGAは、男性ホルモンであるテストステロンと5αリダクターゼという酵素が結びついて出来る「DHT」という男性ホルモンが引き起こします。

フィナステリドには、5αリダクターゼの働きを抑えて「DHT」の生成を阻害し、抜け毛を防いでくれる効果があります。

ミノキシジルは発毛でしたが、フィナステリドは抜け毛防止の効果が主となっているんですね。

また、フィナステリドはミノキシジルでは効果が期待できないと言われるM字ハゲにも効果があります。

そういうことから、ミノキシジルとフィナステリドは併用して使われることが多いみたいです。

プロペシアの副作用

プロペシアは処方箋医薬品だけあり、リアップと比べると副作用が怖い薬です。

代表的なものは、肝機能障害や男性機能障害があると言われています。

どちらも稀な副作用ですが、このためプロペシアの処方時には血液検査があります。

また、女性には効果が見込めないばかりか、妊娠中や授乳中の女性が飲むとお子さんが男児だった場合成長に異変をきたす場合があるようです。

まとめ

リアップとプロペシアの違いはわかりましたか?

頭頂部のうす毛にはリアップ、M字ハゲにはプロペシアが特に有効です。

しかし育毛へのアプローチが異なる薬なので、できれば併用するのがおすすめです。

プロペシアは個人輸入で買うことも出来ますが初めは病院で処方してもらって下さい。

もし肝臓が弱かった場合、知らずに使って肝機能障害になってしまったら大変です。

病院へ行って問題ないとわかれば、それから個人輸入を利用するのは全然ありだと思います。

コメント